テンカラの鬼 榊原正巳 テンカラの世界

鬼ブログ

あっついねぇ、毎週、テンカラ三昧です

Posted on | 8月 4, 2018

7月14日15日に白山・白峰温泉周辺で鬼塾やります、というところから
ストップしています。すいません、遅くなり、暑くなり・・・。

 

台風の影響で、どうなるか、となっていたのですが、なんと、
岡山からの参加者、Tさんが、この日を希望され、白峰あたりは台風の
影響をかなりうけているような感じだったので、場所を変更。
石徹白周辺は無事ということで、結局、石徹白になりました。

金沢からの参加者、Sさんとともに、まずは細い谷に入り、ブッシュや
垂れさがった樹木の多い中での竿さばき、クリアのしかた、などを
お教えしながら、ポンポンと釣っていく。
Sさんは、釣り方を見てみると、ポイントを見つけた場合、
自分がどこに立ち、どのぐらいのスピードでラインを投げるのか、その
距離感がわかっていないようで、そこを、集中的にお教えした。

 

 

 

 

距離感をつかんでいないと、少し遠くに投げてしまったり、届かなかったり、
といった事態に陥る。本人は、何がわかっていないかさえも、
つかめていない状態だから、助言をすることで、急に視界が
開けてくるのだ。狭い場所では、竿をやたらにふると、トラブルに
なりやすい。樹にひっかかったり、からまったり。
落ち着いて、ポイントを見極めて、距離感を持って、正確に入れる。

もちろん、暑いけれど、2人ともよく釣った。

大きな本流でも釣った。本流では毛鉤を入れるポイントが違う。
そういうときの、流れの選び方、歩き方、立ち位置、どう狙うか。

岡山のTさんは、かなりのベテランなので気持ちの良いように釣っていく。

ただ、あとから言われてしまったが、二人が釣った後に、俺が釣り、
結構いい型をかけちゃったんだよね、まぁ、そういうこともある。

それは、ここでは、流れを利用してもぐらせて、底のほうに
いる魚をかけたほうがいい場所、だった。

底のほうに、俺はいれたわけだ。これは、また今度、教えるね。

楽しくテンカラをやり、お風呂に入り、ゆったりとテンカラの
話をした。Tさんが、自分も何度も釣りをし、かなりできるように
なったとおもっているけど、やっぱ、鬼師匠はすごい、いつかは
届くのでしょうか、と、おっしゃった。

それは、皆、がんばり、届いたり、届かなかったり、
目標があるほうが、楽しいし。ずっと、テンカラができれば、それで
いいよね。

 

 

 

 

 

 

 

翌週は、大坂からあまてんさんが来てくださり、なんか、爆釣
だったようで、いそいそと楽しまれた。大阪から、下道で、しかも
バイクで来た、すごい!

そして、そのあと、久しぶり、YOちゃんに会った。
元気、奥さまお元気。嬉しい! 久しぶり。

 

 

 

 

 

さて、8月の週末は、必ず石徹白におります。

お盆は、11日から19日までは、石徹白にいますので、ペンション大杉も

営業してます。1泊5000円2食付き。写真のような料理が食べられます。

もちろん、釣り人の宿なので、夕間詰の後にもどり、夕飯をとってい

ただけます。

この間、鬼塾もやります。来ていただければ、1人1万円でお教えします。

ペンション大杉宿泊希望者、鬼塾参加希望者は

榊原事務局 090・2575・0903
もしくはメール 榊原事務局 onitenkara@gmail.com

まで、
●お名前、
●ご住所、
●携帯電話番号、
●テンカラ歴、釣り歴

をご記入の上、申し込みください。

お盆の間は、希望者がいなければ遠山へも行きますので、

必ず連絡ください。

暑いですね、石徹白は、夜、涼しいです。

驚きますよ、昼は暑いけれどね。

コメント

“あっついねぇ、毎週、テンカラ三昧です” にコメントを残します。





Copyright © 2012- Tenkara no Oni - Masami Skakibara - All Rights Reserved.

このサイト上の写真・動画・記事 すべての内容は、日本の著作権法ならびに国際条約により保護されています。無断転載を禁じます。同様に情報ベースサイトへの流用を固く禁じます。