テンカラの鬼 榊原正巳 テンカラの世界

証言1

木村一成

フィルターを通して真の釣り人を見つめる

木村一成

 

カメラマン。趣味はテンカラ。テンカラ歴は25年。

著書に「テンカラ狂想曲」(人間社)1999年「名人達の釣り道具―川を愛するすべての人へ」(人間社)1998年などがある。名古屋ビジュアルアーツ講師。木曽を中心に東海地方の各地を釣り歩き、地方の名人たちから数多くを学んだ。「聞く耳を持つ」、カメラマンだ。

 

道具 竿 SHIMANO 本流テンカラ 鬼竿の古いタイプ 4、5m 

   ライン フロロカーボン  2号~4、5号 6mぐらいをよく使う

   毛鉤 #6~#18

 

 

言葉の深い人

 私が初めて榊原さんに出会ったのは、1999年の春でした。

 それまで、榊原さんの噂は聞いていました。「テンカラの魔術師」「大毛鉤の大胆な釣法」「鬼のように怖いらしい・・・」

 

 ドキドキしながら会いましたが、笑顔の可愛いやさしい人だな、という印象を受けました。もちろん釣りを見た後は、皆が言うように「魔術師」であり、「大胆な大毛鉤」だし、噂の通りでもありました。

 

 あれから何度もお会いして感じるのは、“すごく言葉の深い人だな“、ということです。言われた言葉で忘れられないのが、「毛鉤にエサ以上の働きをさせる」という一言。

 得心しました。すごく気分が軽くなった。

それまで、私はテンカラがだいすきなんだけれども、餌より釣れない、と言われると、まぁその通りで、でも、テンカラの面白さは、そういうところで餌釣りと比較されても仕方がない、もっと別の部分に面白さがあるんだ、と忸怩たる思いがあったわけです。それを、榊原さんの言葉を聞いて、その通り! だと、心を軽くしてもらったわけです。

 

 テンカラは毛鉤ですから、そりゃあ生の餌よりおいしそうではない。だけど、そうじゃない。毛鉤に餌釣り以上の働きをさせることで、おいしそうに見せてしまう。それは、“誘い”であったり、“流し方”であったり、臨機応変ですが、とても得心させられた。テンカラという釣りに自信がもてた瞬間でした。

 

 そして、榊原さんは、もちろん日本一魚を釣る男だと思いますし、キャスティングも、毛鉤も、テンカラと言う釣りへも「まっすぐ」な人です。まっすぐ投げる、まっすぐ生きる、

 

 テンカラの道へ、さらにさらに、まっすぐです。

 

 

 

 

 

 

<渓流に挑む魔術師> 撮影:木村一成

 

Copyright © 2012- Tenkara no Oni - Masami Skakibara - All Rights Reserved.

このサイト上の写真・動画・記事 すべての内容は、日本の著作権法ならびに国際条約により保護されています。無断転載を禁じます。同様に情報ベースサイトへの流用を固く禁じます。