テンカラの鬼 榊原正巳 テンカラの世界

テンカラの道具

初心者の方へ

竿

最初は竿の扱いがよくわからない方が多い。ラインが木の枝にひっかかったり、

岩に引っかかるなど釣りのアプローチもまだよくわからない。

だから、丈夫な竿を購入することをオススメする。

小渓流で始めることが多いから、3?3、5mぐらいのものを買おう。

ラインは竿の長さと同じ方が上達が早い。

まずは正確に飛ぶようにしよう。長さを変えるのは、その後だ。

 

ライン

ラインはフロロカーボンレベルラインならば4号~4、5号の重いラインから

始めるといい。この号数で的確に飛ぶようになれば、少しずつラインを

細くする。号数が減ればラインは細くなる、これはフライラインと同じ。

細いラインが飛ばせれば、魚に見抜かれにくくなる。ナイロンテーパー、

より糸もおすすめ。だが、ナイロンはまき癖が付きやすいのが難点。

より糸は重いし、日本では高い。

 

ハリス

ハリスはフロロカーボンかナイロンを好みで使う。フロロは強度的に優れ

ている。ナイロンはしなやかで伸びがいい。私は昔はナイロンばかりを使

っていたが今は両方使う。

ハリスの太さは鉤のサイズに合わせる。

 例 #15・・・ハリス0、6号 #8・・・ハリス1、2号 #4・・・ハリス2号

 

毛鉤

最初は巻きやすいものを何本か用意するといい。

榊原は、黒、黄、茶を基本的に持っているが、最初はできるだけ

数多く持つ方がいい。木や草に引っかかりなくすことの方が多い

からだ。自分で巻いた毛鉤で釣れた! という快感。ここから

がスタート。後は、好みを増やせばいい。

 

基本のキャスティング

Copyright © 2012- Tenkara no Oni - Masami Skakibara - All Rights Reserved.

このサイト上の写真・動画・記事 すべての内容は、日本の著作権法ならびに国際条約により保護されています。無断転載を禁じます。同様に情報ベースサイトへの流用を固く禁じます。