テンカラの鬼 榊原正巳 テンカラの世界

テンカラの道具

鬼の毛鉤

カゲロウ、トビゲラ類の色は、黄色、茶、黒色が多い。そのため、

黄色、クリーム色、黒、茶の色素が主流になる。

榊原の代名詞ともいえる大鉤は、“#8”。

魚の活性を調べたいとき、活性しはじめの夕方、

例えば、管理釣り場で鬼組が釣りたくてうずうずしているのに

魚がちっとも動いてくれない時、

榊原は#8の大鉤でもって魚を活性させる。

#8は榊原にとって、ここ一番の大勝負の時に

なくてはならない大きさといえるだろう。

テンカラの祖先はゼンマイの綿毛などをダビング材に使ったが、

現代に生きる榊原は、フライのダビング材も使うし、

毛糸や絹糸も利用する。素材に対する信仰はない。

釣り人はとかく毛鉤を重視しがちだが、

それよりもキャスティング、アプローチ方法、川の

波目の流れを読む眼力、魚の生態を深く学ぶことの方がよほど釣れるし

大切だと考えている。

 

?鬼毛鉤の巻き方 #6 雉 黒胴

Copyright © 2012- Tenkara no Oni - Masami Skakibara - All Rights Reserved.

このサイト上の写真・動画・記事 すべての内容は、日本の著作権法ならびに国際条約により保護されています。無断転載を禁じます。同様に情報ベースサイトへの流用を固く禁じます。